« 富山の冤罪事件 | トップページ | 世界一の債権国、日本に味方はいない »

2007/03/05

HIV汚染全国2位なのに対策費減額

コンドーム配れば対策したことになるっていうのもどうかと思うが,これはそれ以前の問題ですよね。
ソースが何だったか忘れたけど,HIV感染者の中で一番多い職業が「学生」だったなんて話を聞いた覚えがある。
AIDSは医学の発展によってもはや死の病ではなくなった。しかし,だからこそ怖いんである。特殊な職業のひとでなくても,深く静かに蔓延して行く可能性をもっているんである。

リンク: livedoor ニュース - HIV汚染全国2位なのに対策費減額.

 最近はあまり大きなニュースにならないが、HIV感染者・エイズ患者は相変わらず増え続けている。ところが厚労省統計の過去3年間の都道府県別の感染・患者比率を見ると奇妙なことに気付く。1位の東京は当然としても、2位は大阪や神奈川ではなく長野県。06年の届け出数は感染者・患者合わせて27人で全国平均の1.6倍もある。教育県で知られる長野がなぜ? しかも村井仁県知事は「特殊な仕事に従事している人たちのこと」とエイズ対策予算を削減するという。大丈夫か長野県? 教育県の長野は、県内にソープランドや風俗店は一軒もない。なのになぜHIV蔓延なのか。「風俗店ゼロは建前です。実は県内には外国人パブなどで非合法営業が行われていたり、アジア旅行で“発散”する県民が後を絶たない。さらにHIV検査に対する認識がないため感染してもそのまま生活し続ける人が多いのです」(事情通) 実際、東京都では発症前の検査で感染が判明した事例が届け出数全体の7割を超えているのに対し、長野県では発症してから初めて感染が判明する事例が6割に達している。(全文を読む


|

« 富山の冤罪事件 | トップページ | 世界一の債権国、日本に味方はいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/14143414

この記事へのトラックバック一覧です: HIV汚染全国2位なのに対策費減額:

» 胃腸風のときの食事 [胃腸の病気 細菌 ウイルス]
この冬は胃腸風邪が流行りました。突然の吐き気や下痢がおそいます。一番よい対処法は、お腹をカラにして安静にすることです。体力も消耗して胃腸風邪にたいする抵抗力も落ちているのでこの際に、栄養をつけなくてはと思います。しかし、食べれば食べるだけ吐いてしまう胃腸風邪なので、食事をまともにとることも出来ません。胃腸風邪にかかると、吐き気で食べられないのは無論ですが、下痢の症状もはげしいので脱水症状となります。食事よりも何よりも脱水症状を防ぐために水分の補給が第一の優先課題です。吐き気が...... [続きを読む]

受信: 2007/03/07 19:17

« 富山の冤罪事件 | トップページ | 世界一の債権国、日本に味方はいない »