« 銃乱射事件(アカシックレコード) | トップページ | 桶狭間の奇襲戦 »

2007/04/26

弾圧のない国へ

朝鮮総連が拉致事件と無関係だと言い張るんなら,できる限り捜査には協力し,聴取にも応じるべきでしょう。
こうやって騒げば騒ぐほど,「やっぱり何かあるんだな」という印象を与えるわけで。

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「捜索は政治弾圧」=聴取要請、対応に値せず−朝鮮総連.

 主婦渡辺秀子さん=失跡当時(32)=の子供2人が北朝鮮に拉致された事件で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の高徳羽副議長は26日、東京都千代田区の中央本部で記者会見し、関連先への家宅捜索について「安倍政権と警察当局が拉致事件に仕立て上げ、総理の訪米前に利用しようと画策した横暴極まりない政治弾圧」と批判した。
 高副議長は、総連幹部に対する警視庁の聴取要請について「届いたかは確認していないが、対応するに値しない。全くそんな事実はなく、一切拒否せざるを得ない」と述べた。(全文を読む


まあ,国策捜査で痴漢に仕立て上げられた(と言ってる,笑い)ミラーマンみたいな人もいるわけで,今回の家宅捜索の裏に,そういう何かがある可能性は否定しないが,だからこそ,捜査には協力する姿勢を見せなかったら,相手の思うつぼだって思いません?

とりあえず,警察のみなさんには粛々と捜査を進めて頂きたいと思います。

それから,弾圧のない国にお帰りいただくというのもいいんですが,落とし前だけはきっちりつけてってほしいなと。

|

« 銃乱射事件(アカシックレコード) | トップページ | 桶狭間の奇襲戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/14851838

この記事へのトラックバック一覧です: 弾圧のない国へ:

« 銃乱射事件(アカシックレコード) | トップページ | 桶狭間の奇襲戦 »