« 警官刺傷、実は狂言 | トップページ | 女性客、引きずられ転落 »

2007/06/07

コムスン>1月までシルバー社の役員重複

昨日の段階で,このニュースを読んだ時には,ちょっと違う印象も持った。
リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <コムスン>厚労省、介護不許可 撤退は不可避か.

 グッドウィル・グループ(GWG)の訪問介護最大手「コムスン」(東京都港区)が青森、兵庫県で運営していた事業所で雇用していない訪問介護員を勤務しているなどと偽って申請し、事業所指定を受けていた問題で、厚生労働省は6日、コムスンの介護事業所の新規開設や更新を認めないよう都道府県に通知した。介護事業所についてこうした処分が下されたのは全国初めて。コムスンは介護サービス事業から撤退する可能性が強まった。(全文を読む

こういう社会奉仕的な事業っていうのは,ある程度甘い汁が吸えるようにしておかないと,人やお金が集まんないだろうと思う。だからこそ,ここまでやったら絶対アウトっていうのははっきりさせるべきなんだろうとも思う。
だけど,このニュースを伝える記事を読む限り,今までコムスンのサービスを受けていた人たちの声っていう視点がすっぽり抜け落ちてる印象を持った。コムスンがどんな悪徳業者だったとしても,そのサービスを受けた人たちはこれからも安心してサービスを受けられるような手当っていうのは保証されてるべきだと思うんだけど,そこら辺,厚労省が何も言ってないのか,マスコミがちゃんと書いてないのかよくわかんないけど,ちゃんと書けやって気がする。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <コムスン>1月までシルバー社の役員重複…譲渡後に疑問符.

 グッドウィル・グループ(GWG)の訪問介護最大手「コムスン」(東京都港区)の全事業をグループ会社の「日本シルバーサービス」(目黒区)に譲渡する問題で、コムスンの現役員が今年1月まで日本シルバーサービスの役員を兼ねていたことが7日、分かった。介護保険法では、不正事業者と役員が重複する法人が事業者になることを禁止している。しかし現在は、両社の役員は重複していないため、譲渡に法的な問題はない。ただ、わずか半年前まで事業譲渡が認められない対象会社だったことで、譲渡後のサービス継続に改めて疑問符が付いた。(全文を読む


政府や自治体の対応が後手に回ってるという印象も受けるが。

この事件の本当の加害者は誰なんだろう。その点を考えてみたい。時間があったら(+_+)\バキッ

|

« 警官刺傷、実は狂言 | トップページ | 女性客、引きずられ転落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/15346859

この記事へのトラックバック一覧です: コムスン>1月までシルバー社の役員重複:

« 警官刺傷、実は狂言 | トップページ | 女性客、引きずられ転落 »