« 安倍首相が辞任会見 | トップページ | 本日、未熟者 »

2007/09/13

女性拉致殺害で母が手記

理解に苦しむ事件である。
もちろん,殺人だの強盗だのと言った事件は,普通の感覚で理解できるようなもんでもないとは思うけど。
そういうことではなく,大のおとなが3人も集まって,一人の普通の女性を殺害し,金を奪う。例えばそれが少年だったり,おとなでも一人だったり,被害者と顔見知りだったり,有名人だったりしてものすごい金持ちだってことを犯人たちが知ってたりしたら,...もちろん納得はできないけど,ああそういうことかと論理としてはわかる気がする。でも彼らはそういう普通の論理展開では行動していなかった。
借金を返すためとか生活するために,「仕事」として今回の事件を起こしたんである。おとなが一人,生活するためには毎月何万円だかの収入を確保しないといけないだろう。そういう収入源としてこんなことをやったわけ。残虐とかなんとか言うより,こういう連中と僕たちは今の時代を生きていかないといけないんだろうか。

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「人間とは思えない。極刑を」=娘の死、実感わかず−女性拉致殺害で母が手記.

 名古屋市の契約社員磯谷利恵さん(31)が拉致された上、殺害された事件で、磯谷さんの母富美子さん(56)は11日までに、時事通信社の取材に応じる形で「人間とは思えない。絶対に極刑しか考えられない」などと記した手記を公表した。(全文を読む


一人を殺しただけだ。とか。自分から出頭しており,情状酌量の余地はある。とか。そんなこんなで,減刑されちゃわないか,心配。いや,そっちが本来なのか?
懲罰としての死刑という捉え方はそろそろやめて,社会の一員としてこの男たちを生かしていていいのか,という観点からとらえるべきじゃないかという気がする。

|

« 安倍首相が辞任会見 | トップページ | 本日、未熟者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/16425538

この記事へのトラックバック一覧です: 女性拉致殺害で母が手記:

« 安倍首相が辞任会見 | トップページ | 本日、未熟者 »