« 民主自民の大連立 | トップページ | プリンタ »

2007/11/10

軍の関与って一体何?

大江さんは守備隊長個人の命令云々じゃなくて、あくまでも組織としての軍の話をしてるんだから、梅沢さんが自決の命令を下してなくたって、関係ない、という主張みたい。だけど、軍の命令の存在を示す文書とかはないっていう話じゃ?
そういう文書があるんなら、こういう裁判が起きる余地はなくって、文書が存在しなかったから、梅沢さんが自分の言動について書かれたと「勘違いして」苦しめられてきた。
文書も何もないけど、そういう「空気」があったってことなんだろうか。そういうことで、軍の責任とか、国の責任とか言えるんだろうか。

リンク: 毅然とした態度で無実訴え 梅沢元守備隊長 - MSN産経ニュース.

 「自決命令は出していない」。9日、大阪地裁で本人尋問が始まった沖縄の集団自決訴訟。住民に集団自決を命じたと記述された座間味島の元守備隊長、梅沢裕さん(90)は、毅然(きぜん)とした態度で“無実”を訴えた。確証がないのに汚名を着せられ続けた戦後60余年。高齢を押して証言台に立ったのは、自分のためだけではない。無念のまま亡くなったもう1人の元守備隊長と旧日本軍、そして国の名誉を守りたい一心だった。
 地裁で最も広い202号法廷。梅沢さんはグレーのスーツに白いシャツ姿で入廷した。終始しっかりとした口調で尋問に答え、焦点となった集団自決前の状況について問われると、「(村民に対(全文を読む


そういうことはともかくとして、教科書の書き直し作業は着々と進められていたり。いいんだろうか、そんなんで。

|

« 民主自民の大連立 | トップページ | プリンタ »

コメント

「住民に集団自決を命じたと記述された座間味島の元守備隊長、梅沢裕さん(90)は、」

原告も産経記者も大江健三郎氏が書いたものを読んでいないと指摘されている。
梅沢元隊長のことは書かれていないんだって。

投稿: じじい50 | 2007/11/16 19:31

そう、大江さんは梅沢さん個人のことを書いたわけじゃないって主張してる。でも、住民たちに自決の命令を下した「実行犯」は誰なんでしょう。
守備隊長だった梅沢さんが関与せずに、軍が命令できるもんなんですか?

投稿: iLand | 2007/11/16 19:45

「慶良間列島において行われた、7百人を数える老幼者の集団自決は、上地一史著『沖縄戦史』の端的にかたるところによれば、生き延びようとする本土からの日本人の軍隊の《部隊は、これから米軍を迎えうち長期戦に入る。したがって住民は、部隊の行動をさまたげないために、また食糧を部隊に提供するため、いさぎよく自決せよ》という命令に発するとされている。沖縄の民衆の死を抵当にあがなわれる本土の日本人の生、という命題はこの血なまぐさい座間味村、渡嘉敷村の酷たらしい現場においてはっきり形をとり、それが核戦略体制のもとの今日に、そのままつらなり生きつづけているのである。」

このとおり、座間味村で「自決の命令を下した実行犯」には触れていませんね。

一般読者は、そういう読み方はしませんから、著者が誰か個人を非難していると解することはできません。

守備隊に対して何かを命令した本土の組織や、さらにはそれらを覆う我々本土の日本人のエゴイズムが標的です。

投稿: じじい50 | 2007/11/30 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/17023705

この記事へのトラックバック一覧です: 軍の関与って一体何?:

» 軍の関与って一体何?について [ココログ版 iLandの弁明]
軍の関与って一体何?について。 大江さんが言ってるのは、軍の命令で住民は自決をさせられたと、そういうことですよね。 個人としての梅沢さんのことに言及してるわけじゃなくて、悪いのは軍だと言っているという主張だと思います。 だけどさ。梅沢さんは... [続きを読む]

受信: 2007/11/30 19:49

« 民主自民の大連立 | トップページ | プリンタ »