« 不適切発言で芸能活動停止 | トップページ | 軍の関与って一体何?について »

2007/11/23

三重県で在日「住民税半額」

週刊SPAの巻頭コラムで勝谷誠彦さんが書いてた事件ですけど。
ポイントは、法律とか、条例を定めないで、やってたってことだと思う。不公平とかそういうことじゃない。
不公平だってことが問題視されてるんだとしたら、もうこの制度が廃止されてる時点で、終わってる。解決済みってこと。
でも、問題はそこじゃなくて、一切の経過が表沙汰にならないままに来てしまっていたってことのはずで。

リンク: 三重県で在日「住民税半額」 「不公平だ」と批判相次ぐ(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース.

 三重県の自治体で、定住している在日韓国・朝鮮人の住民税を半額程度に減免していたことが相次いでわかり、波紋を広げている。現時点で2つの自治体が事実関係を明らかにしているが、「調査中」としている自治体もあり、今後も減免していた例が明らかになる可能性がある。民団や朝鮮総連との交渉で始まったとみられるが、税の公平性の観点から批判が出そうだ。(全文を読む


そして、この問題,今のところ、大手のマスコミでは扱われてないみたい。

|

« 不適切発言で芸能活動停止 | トップページ | 軍の関与って一体何?について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/17154433

この記事へのトラックバック一覧です: 三重県で在日「住民税半額」:

« 不適切発言で芸能活動停止 | トップページ | 軍の関与って一体何?について »