« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/27

自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判

産経は批判し、朝日も批判するという、意味不明な状況。ですね。
UFO同様、マスコミは問題の本質を解説するつもりはまったくないように見えます。
まあ、僕だってわかりゃしませんが(笑)

リンク: 自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判 - MSN産経ニュース.

 沖縄戦集団自決をめぐる高校日本史教科書検定問題で、自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は27日、党本部で「沖縄問題小委員会」(萩生田光一委員長)を開いた。

 小委員会では、自決への軍の強制性を示す記述を認めた教科書検定審議会(会長=杉山武彦・一橋大学長)の審議結果に対し「史実の新たな発見がないのに、政治介入で教科書の歴史記述を書き換えるような危険なことがあっていいのか」などと批判の声があがった。

 議連は、1月に渡海紀三郎文科相を招き直接、検定審の審議結果について説明を受ける方針だ。


いろんな新聞の記事だの、関連するブログのエントリなどを読んでみて、「軍の強制」を主張している人たちの言い分ていうのは、軍がその当時の沖縄の雰囲気,米軍が攻め込んできたら、さっさと自決しないとダメ、っていう雰囲気を作り出して、逆らえないような雰囲気にしてたから、住民を殺したのは日本軍だということらしい。
思うんだけど、軍ていうのは命令系統こそが存在意義そのものなんじゃないんだろうか。上層部の命令はどんなにへんてこりんな命令であっても、従わないといけないのが軍人さんな訳で。
住民を自決に追い込むべき、合理的理由があったかどうかはさておき、そういう方針を軍が持っていたんなら、現場の隊長さんはそれに従わないわけにはいかないんじゃないかと思うんだけど。従わない場合は、生きて本土には帰れないというかなり悲壮な決意でもって、行動することになるんで。

軍の強制性を言外に認めるような記述、なんて話になってくると、検定の意味は完全に失われてると思うんだけど、それでも喧々囂々、議論は続くのであった(笑)

とりあえず、教科書は間違ってることもある、ってことで議論終わりにしちゃダメなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

目に見えないのが透明人間

なんか、ぼーっとしてるうちに更新ストップしちゃってますが。

この間に面白いニュースもいっぱいあったんですけどね。
一つ気になったのが、UFOの話。閣議決定で「確認できない」ということになったとか。
未確認だから、UFO(未確認飛行物体)なんじゃん?というツッコミ多数。
民主党議員の質問に答えるためだそうだから、なんか答弁をまとめざるを得ないんだと思うけど、あんまりまじめに考えてない感はありますね。
官房長官や防衛大臣のコメントも正直不真面目だと思う。
宇宙人云々はともかくとして、相手の目的や意図が分からない、何語でコンタクトをとったらいいのかわからない、そういう存在を見つけちゃった場合、誰がどう責任を持って対応しないといけないのかっていうのは確かに考えないといけないわけですが。相手が普通の人間であれば、銃器でもって威嚇して従わせるっていう方法もあり得るけど、軍隊だったらその時点で手出しできなくなる可能性があるのが我が国の現状だと思う。てゆうか、どっかの国の密漁者相手でも取り逃がしたりしてるんじゃん?

テレビの映像などで見る限り、何かの結論を出そうなんていう気はまったくなしで、単なる話題作りとしてしか考えてなさそうに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

アップル、超軽量ノートをMacworldで発表か?

僕自身が超軽量ノートを手に入れることはないだろうと思いますが、そうは言いつつ、わくわくしますね。

リンク: アップル、超軽量ノート型MacをMacworldで発表か?--CNBCが報道:ニュース - CNET Japan.

 Appleにとって1年を通して最大級のイベントと言えるMacworldまで1カ月あまりとなった。そのMacworldに寄せられる期待の形がすこしずつ明らかになり始めた。

 CNBCが米国時間12月6日に報じたところによると、Appleは次回Macworldで12インチの液晶とハードディスクドライブに代わりフラッシュメモリを搭載したノート型Macを発表することを計画しているという。Appleファンは長きにわたってこうした製品に期待を寄せていた。また、2007年に入って発表間近と繰り返し報道されていた。

 このノート型Macは、同社製品で最大のノート型Macである現行の「Macbook Pro」に比べ、厚さも重さも半分になっているという。価格はAppleのサイトで現在入手できる13.3インチ「Macbook」のブラックモデルと同じ1500ドル程度になるだろうとCNBCは報じている。(全文を読む


値段としては20万弱て感じなんですかね。
CD/DVDドライブを省略するかもっていう報道も見た覚えがあるんですが、だったら、ドッキングシステムも出してほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

星野監督、長嶋氏に五輪出場報告

第3戦は結果的には大差の勝利になりましたが、見てるといたたまれない感じになるような、きつい試合でしたね。なんか、逆転したあとのほうが、ダルビッシュの顔が不安げに見えたり(笑) そんなことなかったです?

リンク: 星野監督、長嶋氏に五輪出場報告=「ご苦労さん」とピースサイン−野球日本代表(時事通信) - Yahoo!ニュース.

 野球の北京五輪予選を兼ねたアジア選手権で優勝した日本代表の星野仙一監督と田淵幸一ヘッド兼打撃コーチが5日、アテネ五輪日本代表監督で、現在は日本代表の相談役を務める長嶋茂雄氏に、都内で五輪出場権獲得を報告した。
 星野監督が「長嶋さんには直々にお会いしようと決めていた」ということから、台湾から帰国した翌日に報告が実現。面会した長嶋氏は、「ご苦労さん」と声を掛けて星野監督と握手し、左手でピースサインをつくった。
 約40分間の面会では、台湾戦での同点スクイズに話が及び、3試合とも最後までテレビ観戦した長嶋氏は「よく勇気があったね。よく(サインを)出したね」と感嘆したという。報告を終えた星野監督は「(五輪に)あれだけ思いをはせた大先輩だから、絶対にいい報告をするぞ、という思いを持っていた」と感慨深そうに話した。(全文を読む


昨夜のニュース番組で星野さんが出演していて、サブローのスクイズの場面を話していたんですけど。
サブローを送り出す段階では、スクイズをまったく考えてなかったらしい。
で、聞いてたら、自分でも本当にそんなサイン出したんかいなっていう感じだったらしくて。

ひょっとして、本当にスクイズのサイン出してなかったりして。選手とコーチだけで勝手にやってたことだったりして。
なんてことを思っちゃった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »