« 目に見えないのが透明人間 | トップページ | 大阪オバチャン本領!? »

2007/12/27

自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判

産経は批判し、朝日も批判するという、意味不明な状況。ですね。
UFO同様、マスコミは問題の本質を解説するつもりはまったくないように見えます。
まあ、僕だってわかりゃしませんが(笑)

リンク: 自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判 - MSN産経ニュース.

 沖縄戦集団自決をめぐる高校日本史教科書検定問題で、自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は27日、党本部で「沖縄問題小委員会」(萩生田光一委員長)を開いた。

 小委員会では、自決への軍の強制性を示す記述を認めた教科書検定審議会(会長=杉山武彦・一橋大学長)の審議結果に対し「史実の新たな発見がないのに、政治介入で教科書の歴史記述を書き換えるような危険なことがあっていいのか」などと批判の声があがった。

 議連は、1月に渡海紀三郎文科相を招き直接、検定審の審議結果について説明を受ける方針だ。


いろんな新聞の記事だの、関連するブログのエントリなどを読んでみて、「軍の強制」を主張している人たちの言い分ていうのは、軍がその当時の沖縄の雰囲気,米軍が攻め込んできたら、さっさと自決しないとダメ、っていう雰囲気を作り出して、逆らえないような雰囲気にしてたから、住民を殺したのは日本軍だということらしい。
思うんだけど、軍ていうのは命令系統こそが存在意義そのものなんじゃないんだろうか。上層部の命令はどんなにへんてこりんな命令であっても、従わないといけないのが軍人さんな訳で。
住民を自決に追い込むべき、合理的理由があったかどうかはさておき、そういう方針を軍が持っていたんなら、現場の隊長さんはそれに従わないわけにはいかないんじゃないかと思うんだけど。従わない場合は、生きて本土には帰れないというかなり悲壮な決意でもって、行動することになるんで。

軍の強制性を言外に認めるような記述、なんて話になってくると、検定の意味は完全に失われてると思うんだけど、それでも喧々囂々、議論は続くのであった(笑)

とりあえず、教科書は間違ってることもある、ってことで議論終わりにしちゃダメなんだろうか。

|

« 目に見えないのが透明人間 | トップページ | 大阪オバチャン本領!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/17494866

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判:

« 目に見えないのが透明人間 | トップページ | 大阪オバチャン本領!? »