« 間もなく発売 | トップページ | BIGUP! »

2009/11/25

科技予算削減は「不見識」・・・か

科学技術予算が投資であり、コストパフォーマンスだけで論じるべきじゃないというのはその通りだと思う。
ただ、この記事を読んでると「?」と思う部分も。

リンク: 科技予算削減は「不見識」=野依さん、事業仕分け批判(時事通信) - Yahoo!ニュース.

 ノーベル化学賞受賞者で理化学研究所理事長の野依良治さんが25日、文部科学省で開かれた政策会議先端科学技術調査会に出席、「科学技術は生命線。コストと将来への投資をごっちゃにするのは見識に欠ける」と述べ、科学技術予算に厳しい判断の続く「事業仕分け」を批判した。
 野依さんは「世界水準をしのぐ科学技術なくして我が国の存在はない。小手先の政策では、国は存続しない」と主張。事業仕分けで「凍結」とされた次世代スーパーコンピューターについても「外国から買って来ればという人がいるが、それはその国への隷属を意味する。歴史の法廷に立つ覚悟があって言っているのか」と語気を強めた。


逆に、日本の技術がナンバーワンになることで外国は日本に隷属しているだろうか。
蓮舫さんが「ナンバーツーじゃいけないんですか」と質問していたけど、ナンバーワンじゃなければあとは滅びるだけというのは逆に情けなく感じる。ナンバーツー、ナンバースリーになってしまったときにそれでも国としての存在感を世界にアッピールできるような日本であってほしいと思う。

国という大金持ちがパトロンになっているのではない。最先端科学技術のことなどろくに理解しない、我々国民がなけなしの給料から払った税金の使い道の話をしているのである。仕分け人が科学技術のことを理解してないのなら、僕らはますます理解できない。そういう人間に理解できるように話をしてくれといっているのであり、それができなければ予算縮減ないし廃止をしますよ。ということだと思うのである。

|

« 間もなく発売 | トップページ | BIGUP! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/46856362

この記事へのトラックバック一覧です: 科技予算削減は「不見識」・・・か:

« 間もなく発売 | トップページ | BIGUP! »