2006/10/10

代理出産裁判で品川区が抗告

代理出産という形自体については,自分でそういうやり方を選ぶかっていうと躊躇するというのが本音の部分ではあるんだけど。でも,逆に出生届けを受理することが他人にどんな不利益を与えるんだろうという気がする。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 代理出産裁判で品川区、出生届受理不服の許可抗告.

 タレントの向井亜紀さん(41)が米国の女性に代理出産を依頼して生まれた双子の男児(2)について、東京都品川区側は10日、双子の出生届を受理するよう命じた東京高裁決定を不服として、最高裁に許可抗告した。(全文を読む


この裁判を続けることで,品川区民のどんな利益が守られるんだろう。そこんとこをちゃんと説明してほしいと思う。(自分では調べない,爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

科学は神を否定しない

そして,神も科学を否定しない!

TBSラジオのポッドキャスト ストリーム・コラムの花道というのを聞いてたら,面白い話をしてました。
ポッドキャストはiPodだけではなくて普通のパソコンの音楽プレーヤー等で聞けますのでリンク先からダウンロードしてお聞きください。
フランシス・コリンズという人の話なんですが,この人はヒトゲノム計画を主導している人で,分子遺伝学の大家で分厚い教科書を何冊も書いてる人らしい。ええと,ヒトゲノム計画って言うのは世界の科学者が協力し合って,人間のDNAを全部解読しちゃおうという計画。DNAというのはいわば人間を作るための「地図」みたいなものなんだけど,これを解読することで病気だの障害だのを治療する手助けになるかもしれないと考えられてる。
コリンズさんという人はそういう科学の最先端にいる人なんだけど,それと同時に熱心なクリスチャンでもあるんだそうで。でまあ,下に挙げたような本を書いて,熱心な伝道活動をやってるんだそうですよ。ストリームによると,ギターを背負ってアメリカ各地の学校を巡回しながら,「科学を勉強しよう,科学を勉強することは神を知ることだ」とかなんとか歌ってるらしい。

誰か翻訳してくんないかな。

The Language of God

| | コメント (0) | トラックバック (0)