2007/06/21

ウォーキングのすすめ

ライフマイルの「よくばり生活」というページの記事。
僕の場合,もともとメタボなわけですが(苦笑),ここ数年,何とかせねばと思ってるところ。
60キロの人が1キロ歩くと60キロカロリー消費かあ。ご飯2杯で300キロカロリーとかそれくらいだったと思うので(盛り方にもよると思うけど)5キロくらい歩くとちゃらになるって感じかな。ちょっと間違ったイメージかもしれませんが。

リンク: ウォーキングのすすめ~シェイプアップ~:美容・健康:トレーニング:よくばり生活.

ウォーキングによって消費されるカロリー量は、「体重×移動距離」が目安。例えば、体重60kgの人が1kmの距離を移動する場合に消費される量は、60×1=60キロカロリーが目安です。少ないような気もしますが、毎日続けることで確実に脂肪を燃焼させることができます。
また、内臓脂肪をエネルギー源として燃焼させるには、「赤筋(せっきん)」を使って運動をするのが効果的です。
赤筋は足や腰などの下半身にはたくさん存在しているので、ウォーキングは内臓脂肪を燃焼させるのには、ぴったりの運動。しかも、脂肪を燃焼させるのに必要な、大量の酸素が取り入れられる有酸素運動ですから、脂肪燃焼の効率も(全文を読む


体重を減らすというだけなら,飲まず食わずを何日か続ければいいわけです。まるっきりの断食をしちゃうと死んじゃいますが,大量に食わなければ,大分痩せるはずです。でも,雑誌とかで見てると,有酸素運動で,脂肪をちゃんと燃焼させるというのがやっぱり大切らしい。で,ウォーキングのような運動を継続することでエネルギーの燃えやすい筋肉を増強して,基礎代謝,つまりじっとしてても消費されるエネルギーですな,これをアップさせると太りにくくなるんですと。

僕の場合,見た目,大して太ってないように見えるのに,服を脱ぐとおなかだけポッコリという,メタボな体型をしてるので(どんなんや)ホント,あぶねんだ。体重も腹回りもなかなか減らないんだよなあ(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/28

花粉つらい

相変わらず,花粉がつらい。鼻水とか眼のかゆみとか,そういうのはあんまりひどくないんですが,それでもマスクなしだと,鼻の奥にとげとげの粉を振りまかれているような感じで,なんか痛い。
マスクしてるとおおむね大丈夫なんですが,問題が一つ。
飯食ったり,飲み物飲んだりする時はマスクとらないといけない。昼ご飯の時は我慢するけど,コーヒー飲みながら仕事してたりすると,ずうっとマスク外しっぱなしっていうのもつらいし,コーヒー一口飲むたびにマスクとったりつけたりっていうのもめんどいし。
鼻だけカバーするマスクなんてどうだろう。口からはいる花粉はブロックできないけど,鼻だけでもカバーできれば案外大丈夫なんじゃ?
想像してみると,パーティグッズの鼻眼鏡みたい(笑)

だけど,花粉症用のでかいマスクも,以前は違和感感じてたけど,最近はそれほどでもなくなってきましたよね。鼻だけマスク,どうでしょう。

ところで,鼻眼鏡といえば,紅白でアンジェラアキさんを見ていて,鼻眼鏡つけとんのか,と思ってしまった。
く,くだらないことを書いてしまった。ごめんなさい,ごめんなさいm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り

「タミフルは危険」ということで最近話題になることが多かったわけですが,飲まなくても危険、ということみたいです。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り.

 西日本で先週末、インフルエンザにかかった男子(14)が、自宅2階から飛び降り、足を骨折していたことがわかった。タミフルは服用していなかった。

 主治医によると、この男子は15日、38度の熱があり、翌日いったん熱が下がったものの、17日未明に自宅2階から飛び降りたとみられ、玄関先で倒れているところを発見された。( 全文を読む


タミフルは無害,ということでは多分なくて,インフルエンザにかかった場合にどの薬を使った時には異常行動が起きるのか,ということをきっちり調べないと結論は出せないんだと思う。タミフルを使った場合には,使わない時の何倍危険、ということを統計学的に出せるはずなので,まずそれをやらないといけないでしょう。とにかく,まずきっちりと調査しないことには,このままわーわー言っておしまい,ってことになっちゃう。

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 因果関係「否定」白紙撤回=タミフルと異常「判断し直す」−厚労省.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

HIV汚染全国2位なのに対策費減額

コンドーム配れば対策したことになるっていうのもどうかと思うが,これはそれ以前の問題ですよね。
ソースが何だったか忘れたけど,HIV感染者の中で一番多い職業が「学生」だったなんて話を聞いた覚えがある。
AIDSは医学の発展によってもはや死の病ではなくなった。しかし,だからこそ怖いんである。特殊な職業のひとでなくても,深く静かに蔓延して行く可能性をもっているんである。

リンク: livedoor ニュース - HIV汚染全国2位なのに対策費減額.

 最近はあまり大きなニュースにならないが、HIV感染者・エイズ患者は相変わらず増え続けている。ところが厚労省統計の過去3年間の都道府県別の感染・患者比率を見ると奇妙なことに気付く。1位の東京は当然としても、2位は大阪や神奈川ではなく長野県。06年の届け出数は感染者・患者合わせて27人で全国平均の1.6倍もある。教育県で知られる長野がなぜ? しかも村井仁県知事は「特殊な仕事に従事している人たちのこと」とエイズ対策予算を削減するという。大丈夫か長野県? 教育県の長野は、県内にソープランドや風俗店は一軒もない。なのになぜHIV蔓延なのか。「風俗店ゼロは建前です。実は県内には外国人パブなどで非合法営業が行われていたり、アジア旅行で“発散”する県民が後を絶たない。さらにHIV検査に対する認識がないため感染してもそのまま生活し続ける人が多いのです」(事情通) 実際、東京都では発症前の検査で感染が判明した事例が届け出数全体の7割を超えているのに対し、長野県では発症してから初めて感染が判明する事例が6割に達している。(全文を読む


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/28

厚労省、タミフルで注意呼び掛け

この間、うちの子供がインフルエンザにかかって、タミフルを処方された。ここ数年,タミフルを服用した子供の転落死というニュースを目にすることが多いので、大丈夫なんかな、という気もしてたけど、5日分処方されて全部飲みきった。2日くらいで熱は下がって,特に何も起きなかった。

リンク: 厚労省、タミフルで注意呼び掛け 未成年者転落死などのケース受け | エキサイトニュース.

 インフルエンザ治療薬タミフルを服用した未成年者がマンションから転落死するなどのケースが相次いだことを受け、厚生労働省は28日、タミフル処方の有無にかかわらず、インフルエンザ感染時の異常行動の恐れについて患者や家族に説明するよう医療関係者に文書で呼び掛けた。文書は日本医師会などに送付。未成年者が一人にならないように配慮することを患者や家族に説明するよう求めている。(全文を読む


だけど、この厚労省の呼びかけっていうのは,なんか,責任逃れ的なにおいがして嫌だな。
子供がインフルエンザになって,タミフルを処方されたら,飲みきるまで家族がついてなきゃなんないってことなんだろうか。そう言われると困るお母さんってたくさんいそうな気がする。

タミフルの問題が起きてるのは日本だけだって話も聞く。世界中のタミフルの7割を日本で消費してるらしい。多すぎないか?
あるいは解熱剤の問題というのも指摘されてたと思う。日本ではインフルエンザに対して解熱剤を処方されすぎなんじゃないかという話。うちの子も,カロナールって言う解熱剤を処方されていて,これはわりと安全らしいんだけど,熱出たら必ず処方されてるからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

代理出産裁判で品川区が抗告

代理出産という形自体については,自分でそういうやり方を選ぶかっていうと躊躇するというのが本音の部分ではあるんだけど。でも,逆に出生届けを受理することが他人にどんな不利益を与えるんだろうという気がする。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 代理出産裁判で品川区、出生届受理不服の許可抗告.

 タレントの向井亜紀さん(41)が米国の女性に代理出産を依頼して生まれた双子の男児(2)について、東京都品川区側は10日、双子の出生届を受理するよう命じた東京高裁決定を不服として、最高裁に許可抗告した。(全文を読む


この裁判を続けることで,品川区民のどんな利益が守られるんだろう。そこんとこをちゃんと説明してほしいと思う。(自分では調べない,爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

内臓脂肪症候群>「ぽっこりおなか」にご用心

僕も大分やられてて。去年病気になった頃の腹囲が1m近くあって,まあそれ以来なんとかおなかをへこまそうと努力してきたんですが,ようやく最近になって85cm前後になりました。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <内臓脂肪症候群>「ぽっこりおなか」にご用心.

 不摂生を重ねた、ぽっこりおなかにご用心——。厚生労働省は初の全国調査で、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とその予備軍だったと発表した。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中など、死に直結しやすい生活習慣病の引き金になるとされるが、どうすれば予防できるのだろうか。


僕の場合既に病気になってるので,ちょっと切実で,コンスタントに85cmを切れるようにもう少し努力が必要かなと。
家庭を出発した頃はもっとやせてたんだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)